カテゴリー「芸能・アイドル」の16件の記事

2019年2月 6日 (水)

ジャッキー・チェンの整形は、大成功だった!

先日、ジャッキー・チェン主演の『蛇拳』を観たのでございます。

カンフーアクションの切れも抜群でしたが、彼が映ると画面がパッと明るくなるのです

(・∀・)スンスンスーン

Snake_kunfu_jackie_chan

 

 

今宵は、そんなジャッキー・チェンの人生を考えてみたいと思います。

 

 

ジャッキーは、1954年4月7日生まれにございます。

彼の父、チャールズ・チャンは中国政府のスパイとして活動していたそうですが、彼が任務中、舞台女優で、アヘンの密売もしていた「リーリー」という女性を逮捕します。

しかし、その後なぜか、チャールズはリーリーと結婚して、ジャッキーが誕生します。

 

 

出生のエピソードからして、すでにドラマ仕立てです

(; ゚∀゚)

 

 

ジャッキーが7歳になった頃、貧困のために、父親は彼を中国戯劇学院に入れます。

そして、10年間、武術や京劇の訓練を受けた後、

彼が17歳の時に、映画のスタントマンやエキストラとして芸能界にデビューします。

Young_jakie_chan

 

 

  
1972年には『燃えよドラゴン』に出演し、ブルース・リーに首をへし折られる雑魚キャラ役として、リーと共演を果たしています。

Lee_jackie1_2

Lee_jackie2 

よく観ると、たしかに、ジャッキーですが、虫けらのように殺されるのが、妙に悲しゅうございます

(´・ω・`)ショボーン

 

 

 

その後、映画の世界から離れ、オーストラリアで建設作業員などをして働いていましたが

1976年公開の『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』で、突如、主役に大抜擢されます。

 

 

しかし、『レッド・ドラゴン』『少林門』『木人拳』の時と、その後の『蛇拳』『酔拳』の時では明らかにジャッキーの顔が違います

( ´゚д゚`)エー

Red_dragon_jackie
『レッドどラゴン』の時のジャッキー

 

Shaolin_mon_jackie2
『少林門』の時のジャッキー

 

Shaolin_wooden_men_jackie03
『木人拳』の時のジャッキー

 

ちなみに、一重まぶたのジャッキーは、クールファイブのメンバーだった頃の、前川清によく似ています

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

Maekawakiyoshi_coolfive

 

 

1976年公開の『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』や『木人拳』の時のジャッキーは、一重まぶたですが、

1977年の『ファイナル・ドラゴン』や『成龍拳』の時には、すでに特徴的な二重になっていました。

Final_dragon_jackie
『ファイナル・ドラゴン』の時のジャッキー

 

Seuryuken_jackie
『成龍拳』の時のジャッキー

 

 

おそらく、1976年の『木人拳』の後に、思い切って二重にしたものと思われます。

・・主演した映画がヒットせず、「一重まぶたのせいで目つきが悪いからではないかと考えて、二重まぶたに整形した」というジャッキー本人の証言と一致します。

 

 

その整形術は、大いに功を奏し、その後、1978年に主演した「蛇拳」や「酔拳」の大ヒットにより、一躍スターダムにのし上がりました。

Suiken_jackie

 

 

ジャッキーが「二重まぶた」になった後は別人のようであり、たしかに、作品中でも、明るく陽気なキャラクターに変身しています。

 

 

ちなみに、二重になったジャッキー・チェンと、若い頃のウッチャンこと内村光良はよく似ていると言われていました。

Hutae_no_jackie

Uchan

 

 

しかし、ジャッキーが年齢を重ねてくるに従って、だんだん武田鉄也さんに似てくるのだから不思議です

( ´゚д゚`)エー

Jacki_like_takeda_tetsuya

Takeda_tetsuya_recent

 
 

 

マロ的には、評論家の宮崎哲弥さんも、ジャッキー・チェンに似ていると思います。

Miyazaki_tetsuya

 

 

 

しかし、スターとなった後も、自らアクションこなすジャッキーは、怪我が絶えなかったそうです。

彼は、ケガを負ったままアクションシーンを演じることでも有名です。

そういえば、『蛇拳』のラストシーンでは、前歯が抜けていました。

Jackie_tooth_broken

アクシデントで歯を失った映像を、そのまま使うとは

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

また、1986年公開の『サンダーアーム/龍兄虎弟』の撮影中、

Thunderarm

壁から木に飛び移るシーンで、誤って落下。

岩に頭を強打し、緊急手術を受けたましたが、その後遺症で、彼の左耳はほとんど聴こえないそうです

ヒィー(((; ゚Д゚)))ガタガタ

 

 

 

そんなジャッキーは、それまで暗い復讐劇が多かったカンフー映画の世界に、コメディ映画の要素を取り入れる形で人気者となり、その後、世界的なスターとなってゆきます。

 

 

・・たしかに、『木人拳』の時の顔つきでは、ここまでは成功していないと思います。やはり、アクションだけでなく、「顔の印象」は重要ということになるのでございます。

 

 

 

しかも驚くべきことには、

1994年、ジャッキー・チェンは、なんと、自身が「文盲」であることを告白しているのでございます

( ´゚д゚`)エー

Jackie_1994

ジャッキー:「英語も中国語も読めない。勉強しなかったことを、とても後悔している・・」

 

 

「中国戯劇学院では、中国武術は教えても勉強は教えないのか?」と、マロの方が驚きました。

映画出演の時は、マネージャーが台本を読むのを手伝ってくれていたそうです。

唯一、読み書きができるのは自分の名前だけで、ファンにサインをするために必死で覚えたといいます。

 

 

・・・ジャッキーは、後年、「自分は読み書きができない。だからこそ、今の若い人たちにはしっかりと勉強してほしい」と語っています。

 

 

しかし、ジャッキーは、文盲でありながら、広東語・北京語・英語を流暢に話す他、韓国語と日本語も少し話せるそうにございます。

また、ジャッキーは、2015年に米フォーブス誌の高額俳優ランキングで2位にランクインし、自身の資産も約260億円を超えているそうです

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!

 

 

 

・・ジャッキー・チェンの人生を考えるにつけ、

 

努力と熱意があれば、

たとえ元々「一重まぶた」でも、

たとえ「文盲」という大きなハンディがあっても、

 

いくらでも成功者になれるという夢を与えていただいた「一重まぶた」のマロにございました

ヽ(・∀・)ノ ワーイ

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
※あさましくもブログランキングに参入しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の世界を広めませう!!
全部押してもらうとご先祖様が喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

村田英雄は、男性的な風貌と太い声を武器に、デビューから一貫して、「人情」や「男らしさ」を歌い続けた昭和の歌謡界を代表する歌手でした。

 

・・そして、同じ浪曲出身ということもあり、村田英雄は、先輩であった三波春夫をライバル視しており、何かと対抗心をむき出しにしていたようです。

 

 

 

そんな村田と三波が舞台で共演した際、台本に

「三波が上手(かみて)、村田が下手(しもて)」

と、お互いの立ち位置について書いてあったのですが、

それを読んだ村田は、

 

「何で、あいつが上手(じょうず)で、オレが下手(へた)なんだ!」

 

と言って、激怒したそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

また、ラジオ番組で、あまりにもネタにされ過ぎることを不快に感じた村田が、ビートたけしを呼び出して、

「いいか、たけし! お前は芸人で、オレは歌手だ。お互い仕事のジャングルが違うんだ。いい加減、オレのジャングルに入って来るな!」

と説教をしたそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 
そんな村田が、ある時、番組スタッフといっしょに、自分たちで焼くスタイルの「お好み焼き屋」へ行った時、

勝手にマヨネーズをかけたスタッフに対して、

「おい! 体に悪いから、マネヨーズはあんまり掛けるな!」

と怒鳴ったそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 
また、サントリーの「バイオミンX」のCM撮影中、

村田が付き人に、

「おい!  のど乾いたから、オロナミンC買ってこい!」

と叫んでしまい、撮影スタッフがひっくり返ったそうです

 

・・・ちなみに、大塚製薬のオロナミンCは、「バイオミンX」のライバル商品でした

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

村田先生の豪快エピソードを耳にする度、

先生に比べれば、自分などは器が小さく、「お前などは、オレの足元にも及ばんよ!」とお叱りを受けたように錯覚したマロにございました。

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
※あさましくもブログランキングに参入しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の世界を広めませう!!
全部押してもらうとご先祖様が喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

村田英雄は、言わずと知れた昭和を代表する演歌歌手でございます。

本名、梶山勇。

芸名も本名もどこか、豪快さを感じさせる破天荒な人物でした。

 

 

 

そんな村田先生の『柔道一代』は名曲であり、サビの

「俺は光を投げるのさ~♪」

の部分は、あまりに雄大であり、人々を圧倒しました。

まさに、先生にしか歌えない歌詞だと言っても過言ではありません。

 

 

・・ですが、後に村田は、節操無く、

『空手一代』

という曲も歌っていました

( ´゚д゚`)エー

 

総合格闘家かっ

 

 

 

 

そんな豪快な村田の愛車は

「キャデラック」だったそうですが、

車名を訊かれると、いつも間違えて、

 

「俺のは、デラックスだ!」

 

と答えていました

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

また、肉を好んだ村田が、

ミシュランを獲得した謀有名ステーキハウスで、

ステーキの焼き方を聞かれて、

 

「しょうが焼き!」

 

と答えて、ウェイトレスを困らせたそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

さらに、村田が、あるラジオ番組の曲紹介の時、

ベートーベンの交響曲第3番『英雄』を

 

「ひでお」

 

と読んでしまいました

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

村田先生の豪快伝説の数々を耳にするにつけ、

先生に比べれば、自分などは、砂浜の砂の一粒に過ぎないことを、あらためて思い知らされるマロにございました。

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
※はしたなくもブログランキングに参加しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶を大きくいたしませう!!
全部押してもらうと精霊たちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

村田英雄といえば、佐賀県出身(出生は福岡県)で、昭和を代表する演歌歌手で俳優。

人情味のある歌いっぷりには定評があったのでございます。

 

 

 

ですが、その男らしい風貌とは裏腹に

その独特な言動が度々話題となったのも事実でございます。

 

 

 

 

・・ある時、楽屋で、若手歌手が、

なかなか売れずに落ち込んでいたのですが、

村田がその歌手の肩を叩きながら、

 

「いいか? 人生は七転び八起きだ!」

 

と言って励まそうとしたのですが、

間違えてしまい、

 

「いいか? 人生は七転八倒だ!」

 

と言ってしまったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

さらにその直後、間髪を入れず、

こぶしを振り上げ、声を大にして、

 

「あたってくじけろっ!!」

 

と言い放ったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

・・その売れない歌手は、余計肩を落としていたそうです。。

 

 

 

 

 

また、村田が若手を相手に説教をしていた時に、

 

「いいか! 人という字はお互いに支え合ってだな・・」

 

と言いながら、メモ帳に、

と書いてしまったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 

 

また、本番前にリップクリームと間違えて、

ソックタッチを唇に塗っておいて、

 

「うーん、今日は滑舌が悪い・・」

 

と周囲に漏らしていたという証言もあったそうにございます

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

このような男の中の男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、

男気溢れた、あまりにストイックな姿勢と、それに裏打ちされた人情味豊かなお人柄に対して、

 

マロは、あらためて、人間の「器」とは何か、改めて考えざるを得なかったのでございます。

 

 

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

 

 

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

※あさましくもブログランキングに参入しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の世界を広めませう!!
全部押してもらうとご先祖様が喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

村田英雄といえば、昭和歌謡界の大御所であり、

「無法松の一生」、「度胸千両」、「人生劇場」、「王将」

などのヒット曲は、あまりにも有名なのでございます。

 

 

また、村田は当時、新栄プロダクションに所属しており、

俳優業もこなすマルチタレントぶりを披露していたのですが、

時折、そのとんちんかんな言動が話題となったそうにございます。

 

 

 

 

 

ある時、村田が新幹線で移動中、

当時は、車内販売でポップコーンが売られていたのですが、

売り子に対して、

 

「おい、コップコーンをくれ!」

 

と注文したそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 

また、村田は、

「太い声を出すためには肉を食べなければならない」

と考えていたようで、しばしばステーキ専門店に行っていたのですが、

ある時、ウェイターからステーキの焼き具合を聞かれて、

 

「ミレニアムだ!」

 

と言い切ってしまい、

ウェイターが一瞬固まってしまったそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 

 

そんな村田も、当時は、売れに売れていて、

あまりのハードスケジュールから、喉を痛めたことがあるらしく、

周囲に対して、

 

「喉に、ブリーフができたらしい・・」

 

と、漏らしていたそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

今となっては、ポリープだったのかジョークだったのかは定かではありません・・

 

 

 

 

 

また、ある番組の収録中、

共演した時任三郎(ときとうさぶろう)のことを、

 

「ときにんざぶろう君」

 

と呼んでしまったそうです

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

最終的には、よりフランクに、

「とき君!」

と呼んでいたそうにございますが、

 

時任は、苦笑いを浮かべつつも、

特に、誤りを修正することはなかったということにございます。

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

このような男の中の男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、

己を貫くあまりにひたむきな姿勢と、

その裏にある人情味に対して、

マロは、あらためて、自分の小ささを認識せざるを得なかったのでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

※はしたなくもブログランキングに参加しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶を大きくいたしませう!!
全部押してもらうと精霊たちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

村田英雄は、

1949年、日本一の浪曲師を夢見て上京、

25歳で「村田英雄」に改名。

1958年は、『無法松の一生』で歌手デビュー。

1962年には、見事、第4回日本レコード大賞特別賞を受賞しているのでございます。

 

 

 

その豪快な歌いっぷりには定評がありましたが、村田自身の私生活でも豪放磊落で知られていたのでございます。

また、一方で、どこか風変わりな言動でも有名であったとか・・

 

 

 

ある番組収録後、村田英雄一行が小料理屋へ行き、そこで、旬の鯖を勧められたのですが、

 

「おれは鯖は嫌いだ。エネルギー(アレルギー)体質だからなっ」

 

と言ったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 
さらに村田は、コーヒー専門店での注文の際、

店員からコーヒーの種類を聞かれて、

 

「ネスカフェ!」

 

と元気よく答えてしまい、

店員の目がテンになったそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 
また、ある時、スタッフと一緒に、

うどん屋に入って、

目を細めて、ひとしきり「うーん」と唸りながらメニューを見て、一言、

 

 
「この かうどん をくれ!」

 

・・・どうも「力(ちから)うどん」のことだったそうにございますが、真偽のほどは定かではないのでございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

 

 
同じく、ケンタッキーフライドチキンに入って、

 

「キッチン・バスをくれっ」

 

という、わけのわからないオーダーを出し、店員を困らせたこともあるそうにございます

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

このような男の中の男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、類稀な豪胆さと、一本気な中にある慈悲深さに対して、

マロは、あらためて、己の存在意義を問い質された思いにございます。

 

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

※はしたなくもブログランキングに参加しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶を大きくいたしませう!!
全部押してもらうと精霊たちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

村田英雄は、演歌界に多大なる業績を残し、歌謡界の大御所としてあまりに有名でございますが、

『二階堂伸』、『北くすお』のペンネームで、作詞・作曲もこなされていたのでございます。

  
 

 

 

そんなマルチな才能を持つ村田英雄ですが、公私にわたってやや風変わりな言動で知られていたのでございます。

 
 

 

 

 
ある時、人気絶頂であった村田が、初めて海外旅行に行くことになり、

出入国審査の書類に記入することになっていたのですが、

 
 

「SEX(性別)」の欄に、

村田は照れながら、

 

「週2回」

 

と記入してしまったのでございます

( ´゚д゚`)エー
 

 

 

 

そこで、係官が丁寧な口調で、

「ここには、“男” と書いてください。」

と指示すると、
 

 

村田は怒って、

 

「俺は男とセックスしないぞ!」

 

と言って、係官を唖然とさせてしまったそうです

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

その後、村田英雄が飛行機に搭乗していたのですが、

 

「暑いから窓開けろ!」

 

と言って周囲を驚かせたそうにございます

( ´゚д゚`)エー
 
 

 

 

 

 

また、飛行機でトイレの鍵をかけ忘れ、用を足していた際に、

男性乗客が入ってきてしまったそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 
 

 

 

そんな村田英雄が、たまたまエコノミークラスを通りかかった際に、機体が大きく揺れたのですが、

 

「2等なんか乗るから揺れるんだ!」

 

と捨て台詞を吐いて、乗客の度肝を抜いたそうにございます

( ´゚д゚`)エー
 

 

 

 

 

その後、ハワイに到着した村田英雄一行が、4人がけのテーブルに3人で座って、何か飲み物を注文しようということになり、
 

村田自らが、指差しをしながら

 

「こことこことここに、コーヒーを3つ くれ!」

 
 

とジェスチャーを交えて、ウェイターに言ったといいます。

 

 

すると、、

 

 

ココアが3杯来たそうにございます

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

・・このような男の中の男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、他に類をみない豪快さと包容力、そして、人情味に溢れたお人柄に対して、

マロは、あらためて、己の小ささを見せつけられた思いにございます。

 

 

 

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

※ふつつか者ですがブログランキングでシノギ削っております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の苗を育てませう!!
全部押してもらうと、もののけたちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

村田英雄は、長年、三橋美智也、春日八郎らと演歌界をリードし、1988年には、「三人の会」を結成し活動していたとのことでございます。

また、先輩に当たる三波春夫とはライバル関係にあり、お互い、しのぎを削っていたのはあまりにも有名です。

 

村田英雄の作風はデビューから一貫して、

『男』、『人生』、『夫婦』

を歌った曲が多く、

 
豪快さの中にどこか人情味あふれる歌いっぷりには定評がございました。

 

 

・・また、大の酒豪である上、太い声を出すには肉を食べることが大事だとしてたいへん肉を好んだそうにございます。

 

 

 

そんな村田英雄が、ある高級レストランへ行った際、

ステーキの焼き具合を聴かれ、付き人は「ウェルダン」と答えたのですが、

村田は、

 

「カルビ!」

 

と答えたそうです

( ´゚д゚`)エー

(※「ガスで焼け!」と言ったという説もある)

 

 

 

また、食後にウェイトレスから

「デザートは何になさいますか? 」

と尋ねられた時、

村田は、悩んだ挙句、

 

「うーん、カレーライスにしようかな。」

 

と答えてしまい、ウェイトレスの目がテンになったそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、食後にコーヒーを注文した村田は、

ミルクと間違えてドレッシングをコーヒーに入れてしまい、

 

「これ酸っぺーぞっ、腐ってんじゃねーのか?」

 

とクレームをつけていたそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

・・マロは、このような男の中の男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、あまりに破天荒でありながら、どこか情けのあるお人柄に対して、

畏怖と敬愛の念を抱かずにはいられないのでございます。

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

併せて読みたい記事:

燃えた、打った、走った!! 長嶋茂雄伝説①

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

※あさましくもブログランキングに参入しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の世界を広めませう!!
全部押してもらうとご先祖様が喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

村田英雄は、俳優としては1939年少年浪曲師としての初出演を皮切に、1974年まで任侠映画等に多数出演していたのでございます。

身長160cmと短身ながら、男らしい風貌と声で、1960年代後半は東映任侠映画に欠かせない主演スターとして活躍し、

鶴田浩二・高倉健・北島三郎らと多数共演も果たしておりました

(゚∀゚ )!!

 


しかしながら、村田英雄は、その大変男気に溢れた性格とは裏腹に、どこかユニークな言動で知られていたそうにございます。

 

 

 

・・ある番組のリハーサルの前に、村田がNHKのディレクターから舞台への登場方法を細かく指示された時、

 

「馬鹿野郎!

俺は、ブスの素人じゃねえんだぞ!」

 

と言って怒鳴ったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

しかも、渡された台本の中で、舞台の上手・下手(かみて・しもて)を

「じょうず・へた」

と読んでしまったそうですが、

村田があまりに大御所すぎて、誰も訂正できなかったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、ある歌番組で村田が熱唱した後、

司会者から、

「この歌は村田さんの『十八番』(”おはこ” の意味)ですものね。」

と言われ、村田は、

 

「この歌は3番までしかないですよ。そんなにある訳ないじゃないですか。」

 

と本気で答えたそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

さらに、村田が、比較的カジュアルな歌謡番組で他の歌手のヒット曲を歌うように依頼された時、

 

「人の土俵でふんどしが取れるか!」

 

と言い放ち、断固として拒否したそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

・・また、村田英雄が「一種の絶対音感」を持っていたのは有名な話で、とりわけ演歌歌手は「五線譜で表わせないような微妙な音」の表現に長けているそうにございますが、

 

「サダム・フセインを耳で聞いて、

アダム・フセインと覚えた」

 

という笑い話も残っているそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

・・・。 

 

 

 

 

・・マロは、このような男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、あまりに豪快かつ大胆、人情味のあるお人柄に対して、尊敬の念を抱かずにはいられないのでございます。

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

併せて読みたい記事:

燃えた、打った、走った!! 長嶋茂雄伝説①

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

※はしたなくもブログランキングに参加しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶を大きくいたしませう!!
全部押してもらうと精霊たちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

村田英雄といえば、豪快さの中に、どこか人間的なやさしさを感じさせる、

当時、いわずと知れた演歌界の大御所であったそうにございます

( ´・∀・`) ヘー

 

 

特に、1961年11月にリリースされた西條八十作詞・船村徹作曲のシングル曲

『王将』

は、村田英雄最大のヒット曲でございました。

 

 

翌1962年には、第4回日本レコード大賞特別賞を受賞し、不動の人気を獲得。

当時、売り上げが150万枚を超えるなど、現在では考えられない爆発的な人気となったのございます

(ill゚д゚)

 

 

・・しかしながら、

『王将』の作詞を担当した西條八十、作曲家の船村徹、そして歌手の村田英雄と歌謡界を代表する豪華な顔ぶれではございますが、

「いずれも将棋は指さない」

そうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

豪快でありながら、なおかつ、どこか繊細さを兼ね備えていた村田英雄ですが、時折、とんちんかんな言い回しをすることがあったそうにございます。

上記、『王将』のレコーディングの際、

村田英雄は、歌詞の

「うまれ浪花の八百八橋~」

(※はっぴゃくやばし)

の部分を、なんと、

「うまれ浪花のやおやばし~」

と歌ってしまい、

すぐに録り直しとなったといいます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、ある雑誌社の取材で、村田が記者との対談中に、コーヒーの飲み方を尋ねられ、

目を細めながら、

「うーん、やっぱりコーヒーはブラックに限る」

と言いながら、

その場で砂糖を入れて飲んでしまったそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

そんな村田英雄は男の中の男で、遊びも派手であり、毎晩のように夜の街に繰り出していたそうですが、そこでも人情味をみせます。

都内にある行きつけの高級クラブに行ったとき、

キープボトルを出してもらおうとして、

 

「ママ、村田だ! ボルト出せ!」

 

と言ったそうです。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、村田英雄も、歌謡界でトップを張り続けることに対して、大きなプレッシャーを感じていたようで、

顔見知りのママの前で神妙な顔付きになったかと思うと、

 

「おれはこう見えても、性格が

バリケード(デリケート)なんだ・・」

 

と打ち明けたということにございます。

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

マロは、このような男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、「吹けば飛ぶような」自分にはないスケールの大きさに対して、憧れと羨望の眼差しを向けざるを得ないのでございます。

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

 

併せて読みたい記事:

燃えた、打った、走った!! 長嶋茂雄伝説①

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ふつつか者ですがブログランキングでシノギ削っております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の苗を育てませう!!
全部押してもらうと、もののけたちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧