« 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3 »

2018年8月 3日 (金)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

村田英雄は、俳優としては1939年少年浪曲師としての初出演を皮切に、1974年まで任侠映画等に多数出演していたのでございます。

身長160cmと短身ながら、男らしい風貌と声で、1960年代後半は東映任侠映画に欠かせない主演スターとして活躍し、

鶴田浩二・高倉健・北島三郎らと多数共演も果たしておりました

(゚∀゚ )!!

 


しかしながら、村田英雄は、その大変男気に溢れた性格とは裏腹に、どこかユニークな言動で知られていたそうにございます。

 

 

 

・・ある番組のリハーサルの前に、村田がNHKのディレクターから舞台への登場方法を細かく指示された時、

 

「馬鹿野郎!

俺は、ブスの素人じゃねえんだぞ!」

 

と言って怒鳴ったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

しかも、渡された台本の中で、舞台の上手・下手(かみて・しもて)を

「じょうず・へた」

と読んでしまったそうですが、

村田があまりに大御所すぎて、誰も訂正できなかったそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、ある歌番組で村田が熱唱した後、

司会者から、

「この歌は村田さんの『十八番』(”おはこ” の意味)ですものね。」

と言われ、村田は、

 

「この歌は3番までしかないですよ。そんなにある訳ないじゃないですか。」

 

と本気で答えたそうにございます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

さらに、村田が、比較的カジュアルな歌謡番組で他の歌手のヒット曲を歌うように依頼された時、

 

「人の土俵でふんどしが取れるか!」

 

と言い放ち、断固として拒否したそうです

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

・・また、村田英雄が「一種の絶対音感」を持っていたのは有名な話で、とりわけ演歌歌手は「五線譜で表わせないような微妙な音」の表現に長けているそうにございますが、

 

「サダム・フセインを耳で聞いて、

アダム・フセインと覚えた」

 

という笑い話も残っているそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

 

・・・。 

 

 

 

 

・・マロは、このような男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、あまりに豪快かつ大胆、人情味のあるお人柄に対して、尊敬の念を抱かずにはいられないのでございます。

 

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

併せて読みたい記事:

燃えた、打った、走った!! 長嶋茂雄伝説①

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

※はしたなくもブログランキングに参加しております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶を大きくいたしませう!!
全部押してもらうと精霊たちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

|

« 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2:

« 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3 »