« 王将 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2 »

2018年8月 1日 (水)

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1

村田英雄といえば、豪快さの中に、どこか人間的なやさしさを感じさせる、

当時、いわずと知れた演歌界の大御所であったそうにございます

( ´・∀・`) ヘー

 

 

特に、1961年11月にリリースされた西條八十作詞・船村徹作曲のシングル曲

『王将』

は、村田英雄最大のヒット曲でございました。

 

 

翌1962年には、第4回日本レコード大賞特別賞を受賞し、不動の人気を獲得。

当時、売り上げが150万枚を超えるなど、現在では考えられない爆発的な人気となったのございます

(ill゚д゚)

 

 

・・しかしながら、

『王将』の作詞を担当した西條八十、作曲家の船村徹、そして歌手の村田英雄と歌謡界を代表する豪華な顔ぶれではございますが、

「いずれも将棋は指さない」

そうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

豪快でありながら、なおかつ、どこか繊細さを兼ね備えていた村田英雄ですが、時折、とんちんかんな言い回しをすることがあったそうにございます。

上記、『王将』のレコーディングの際、

村田英雄は、歌詞の

「うまれ浪花の八百八橋~」

(※はっぴゃくやばし)

の部分を、なんと、

「うまれ浪花のやおやばし~」

と歌ってしまい、

すぐに録り直しとなったといいます

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、ある雑誌社の取材で、村田が記者との対談中に、コーヒーの飲み方を尋ねられ、

目を細めながら、

「うーん、やっぱりコーヒーはブラックに限る」

と言いながら、

その場で砂糖を入れて飲んでしまったそうにございます。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

そんな村田英雄は男の中の男で、遊びも派手であり、毎晩のように夜の街に繰り出していたそうですが、そこでも人情味をみせます。

都内にある行きつけの高級クラブに行ったとき、

キープボトルを出してもらおうとして、

 

「ママ、村田だ! ボルト出せ!」

 

と言ったそうです。

( ´゚д゚`)エー

 

 

 

また、村田英雄も、歌謡界でトップを張り続けることに対して、大きなプレッシャーを感じていたようで、

顔見知りのママの前で神妙な顔付きになったかと思うと、

 

「おれはこう見えても、性格が

バリケード(デリケート)なんだ・・」

 

と打ち明けたということにございます。

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

マロは、このような男・村田英雄の伝説を耳にするにつけ、「吹けば飛ぶような」自分にはないスケールの大きさに対して、憧れと羨望の眼差しを向けざるを得ないのでございます。

 

 

王将

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード3

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード4

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード5

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード6

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード7

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード8

男・村田英雄の豪快伝説 エピソード9

 

 

併せて読みたい記事:

燃えた、打った、走った!! 長嶋茂雄伝説①

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ふつつか者ですがブログランキングでシノギ削っております!
やんごとなき訪問者様、一日一クリックで、いざ超猪鹿蝶の苗を育てませう!!
全部押してもらうと、もののけたちが喜びまするヽ(・∀・)ノ ワーイ ヾ(・∀・)ノ ウキャキャ ヽ(´∀`)ノ アヒャアヒャ

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの惑星 FC2ブログ★ランキング

|

« 王将 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2 »

コメント

スーパーコピーブランド
スーパーコピーブランド人気特集専門店!
ブランドスーパーコピーN級品バッグ・財布・時計・アクセサリー・水着販売専門ショップ!
ブランド アクセサリーコピー人気特集 、
日本直営店最高級激安高品質ブランドアクセサリースーパーコピーN級品販売通販!
スーパーコピーブランドN級品 https://www.xokopi.com/product/detail-10501.html

投稿: スーパーコピーブランドN級品 | 2021年1月 7日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード1:

« 王将 | トップページ | 男・村田英雄の豪快伝説 エピソード2 »